家族の健康を考える情報を発信してまいります。

妊娠検査薬はいつから検査できるの?また正しい使い方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
⑭

妊娠検査薬は薬局などで誰でも手軽に購入する事ができますが、正しい使い方やいつから妊娠反応がでるという事など詳しい事はあまり知らずに使っている人も多いのではないでしょうか?今日はその正しい使い方や妊娠反応が出やすい時期、またお勧めの妊娠検査薬など女性なら知っておいても損ではない事を少しお話します。

 

【いつから使用できるの?】

自分が妊娠したかどうか一刻も早く知りたいと思う女性は多いでしょう。しかし、誤った時期に使っても正しい検査にはなりません。妊娠検査薬を使う正しい時期は生理予定日のおよそ1週間後以降が判定にふさわしい時期だと言われています。生理不順などの方は自分の生理予定日がなかなか判断できないと思いますが、微熱が続いたり、身体がだるかったりいつもと違う事があれば使ってみるといいでしょう。

早期妊娠検査薬という物もありますがこれはもっと早くに分かり、生理予定日の2~3日前に検査をすることができるものです。早期妊娠検査薬は普通の妊娠検査薬よりも低い濃度で検出ができ妊娠反応を調べることができるのです。

【妊娠検査薬が陽性を示したら?】

妊娠検査薬がもし陽性を示していたら、正常な妊娠、子宮外妊娠、流産、閉経などの時です。

 しかし正しい時期に検査薬を使って検査をしてもhCGホルモン濃度がもともと少ない人や、生理予定日の間違い、などから妊娠反応がうまく出ない人もいます。生理予定日前だと勿論妊娠していても陽性反応はでません。

また妊娠検査薬に薄い線が出て反応する事があります。これは、蒸発線と言われて、数時間たつとくっきりと陽性反応に変わることがあります。

このように妊娠検査薬で間違った反応が出てしまったりすることもあります。妊娠検査薬はあくまで目安と考えて、一度の検査をうのみにせず、少しでも体に異変を感じたらすぐに病院に行く事を心がけましょう。

 【おすすめ検査薬】

薬局では色々な検査薬が売られています。どれがいいのか、正確なのか判断に困ります。

まず、妊娠検査薬には2つの種類があり検査できる日が異なります。1つは生理予定日2~3日後から妊娠検査のできる、「早期妊娠検査薬」と一般的な生理予定日1週間後から検査をする「一般妊娠検査薬」です。

 より正確に妊娠検査をしたいという方は一般の妊娠検査薬を購入するとより確実でしょう。

色々な特徴がありますが、妊娠検査薬の結果をパートナーである人にも見せたい、妊娠の喜びを分かち合いたいという人には「チェックワン」がお勧めです。これは普通の検査薬は時間が経つと、反応線が消えていきますがこれは時間がたっても消えないという特徴があります。

また「チェックワンファスト」という商品は、生理予定日当日から検査ができるもので一刻も早く妊娠が知りたい、と思う方にはお勧めでしょう。

 今ではこのような便利なものがありすぐに、妊娠しているかどうか分かりますが、正確な判断や診察はやはり産婦人科に行き診察をすることです。妊娠検査薬で陽性反応が出た人も、陰性だった人もその反応だけで判断せずに、体に異変を感じたら病院へ行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*