家族の健康を考える情報を発信してまいります。

糖尿病を疑う血糖値の新診断基準とは?今までの検査との違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

糖尿病の新しい診断基準が2010年に施行されました。糖尿病は早期発見・早期治療がとても重要になってきます。今までの検査との違いや糖尿病の診断基準などについても見ていきましょう。

 

 

【今までの検査と新しい診断基準の違い】

今回の改訂の最も重要な点は過去1~2か月の血糖値の平均を示す指標であるHbA1cを診断基準の第1段階に取りいれた事でしょう。新診断基準の導入によって今までは血糖値を測定して、糖尿病の疑いがある患者に対して、後日HbA1c検査などを行い糖尿病の診断を下していたのが、血糖値とHbA1cを同日に1回の採血で検査する事ができるようになり、結果が両方ともで糖尿病型であった場合即日に糖尿病の診断と治療ができるようになったのです。これによって糖尿病を早期に発見する事が可能になり早い段階で糖尿病の治療が開始できるようになったことです。

【HbA1cを基準にする利点】

新診断基準HbA1cを基準にする利点は以下のようなものがあります。

・糖尿病の特徴である慢性高血糖を表す指標として適している

・食事による影響を受けにくく、検査や採血ができる

・日々の変動が血糖値よりも少ない

等があります。そして何よりも患者にとって大きなメリットは、糖尿病の早期治療によって病気を完治できるだけではなく、合併症を併発するリスクも軽減する事が出来るという点でしょう。

【診断基準】

日本糖尿病学会では以下のような診断基準があります。

(糖尿病型)

空腹時血糖値が126mg/dl以上またはブドウ糖負荷試験血糖値が200mg/dl以上である場合

(境界型)

糖尿病型と正常型の間の血糖値で隠れ糖尿病とも呼ばれる。

空腹時血糖値が110mg/dl以上~126mg/dl未満

ブドウ糖負荷試験血糖値が140mg/dl以上~200mg/dl未満である場合

(正常型)

空腹時血糖値が110mg/dl未満でブドウ糖負荷試験血糖値が140mg/dl未満である場合

このような診断が行われますがこれ以外にも肥満や高血圧、脂質異常症などの病気の有無などを調べて医師が糖尿病の判断をします。

【まとめ】

一昔前までは糖尿病と言うと高齢者が発症する病気という印象でしたが現在では10代、20代の若年層にも糖尿病患者は増加しています。原因は食生活の欧米化や、ストレス、運動不足などがあると言われています。血糖値を下げる食品としてキャベツや、果物、玉ねぎなどがあります。飲み物ではコーン茶やコーヒーも血糖値を下げるものとしてあります。これらを毎日の食事にうまく摂り入れながら高血糖の人は血糖値を下げるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*