家族の健康を考える情報を発信してまいります。

あなたの血糖値は大丈夫?基準値を知って糖尿病を予防しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

血糖値の基準値を知らなければ糖尿病の予防や対策もできません。空腹時と食後それぞれの血糖値の基準値を知ってぜひ糖尿病の予防に役立ててほしいと思います。

 

 

【空腹時の血糖値】

空腹時の血糖値の測定は9時間絶食した後に計測した血糖値です。空腹時の血糖値が126mg/DL以上の場合糖尿病が疑われますので気を付けましょう。日本糖尿病学会による基準値では80~110mg/DLが優、110~130mg/DLが良、130~160mg/DLが可、160mg/DL以上が不可という分類になっていますので参考にしてください。基準値を大幅に超える場合は糖を分解するためのホルモンであるインスリンが膵臓で造られにくくなっている可能性があり、血液中に糖が溜まっている事が予想されます。また空腹時血糖値検査は食事の内容で大きく左右されますので検査前夜の夕食から絶食し翌日の朝食前に検査をします。

【75GOGTT2時間値】

75GOGTT2時間値とは、75gのブドウ糖を摂取した状態で計測する血糖値の事を言い食後血糖値と呼ばれる検査も基本的には75GOGTT2時間値の事を指します。空腹時血糖値検査で基準値を超え再検査になった場合は空腹時の血糖値ではなく、この「75GOGTT2時間値」を計測し、その値が200mg/DL以上になれば糖尿病が確定されます。

【隠れ糖尿病に注意】

健康診断などで血糖値を測定しても正常範囲内でも、食後に急激に血糖値が上昇する隠れ糖尿病の人も多いのです。このような場合は健康診断ではわからない為、本人も気が付かないうちに糖尿病を発症しているケースも稀ではありません。毎日の食事で炭水化物が多い人や、甘いものが好きな人、運棒不足気味の人などは自覚症状がないまま糖尿病を発症している可能性もありますので空腹時、食後それぞれの血糖値を測定し糖尿病のより詳しい検査をすることをお勧めします。

【ヘモグロビンA1c検査】

c糖尿病の早期発見に欠かせないのが空腹時の血糖値検査と、ヘモグロビンA1c検査です。このヘモグロビンA1c検査では過去1か月間の平均的な血糖値がわかりますので、前日の食事などが大きく影響を受ける空腹時血糖値検査よりも平均的な血糖値を知る事が出来ます。空腹時血糖値が高いという事は血液がドロドロになっている可能性があり、その結果動脈硬化が進行し重い内臓疾患に繋がりますので血糖値を下げる努力が必要です。

【まとめ】

血糖値の測定方法や基準値、血糖値が高い事によって発症する可能性のある病気などがわかったと思います。これらの病気を予防するためには血糖値を下げる事が第一になります。血糖値を下げるためには肥満の解消や食生活の見なおし、適度な運動、ストレスの軽減、禁酒と節酒がとても重要になってきます。ぜひこのような事を実践して規則正しい生活を心掛け糖尿病を予防しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*