家族の健康を考える情報を発信してまいります。

血圧は左右差ある?血圧測定は左右両方で行いましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
94968ca949683940d791e0d655a2961d_s

左右で差がある血圧の測定値!どちらで測るのがベスト?

普段血圧を測定する際にどちらの腕で測定しますか?できれば血圧を測定するときには片方の腕だけでなく両方の腕で測定してみましょう。実は血圧は左右どちらで測定しても同じではなく、差が大きくあらわれる場合があり、その差があまりに大きいと動脈硬化性病変が隠れていることもあります。

 

 左右の血圧測定値の差についての研究結果もある

2014年2月に発売されたアメリカの医学雑誌の情報では、左と右の腕の血圧測定値の差が心疾患の兆候や死亡率と関係する可能性があるとバーバード大学の研究によりわかったと掲載されています。

この左右の差については、別の医学雑誌にも2012年に掲載があり、その内容は左右の血圧が15mmHg以上あれば血管疾患、脳血管、心疾患の死亡率が増加することと関連していると掲載されています。

 もともと左右の腕では血圧の測定値は違いが出るもの

血管の太さなどは全身同じ太さではなく、右半身、左半身でも違います。そして1日の中で血圧は常に変動しているので、どちらも全く同じ数値になるということはほとんどありません。

 臨床結果によれば同時に左右の腕で血圧測定をした場合、ほとんどが右腕のほうが高い傾向があるそうです。高齢になればなるほどその差が大きくなり、右左の差は10mmhgという場合も珍しくありません。

 左右の差があまりに激しい場合は要注意!

 左右の血圧を測定した場合、その差が15~20mmHg以上という場合は注意が必要です。動脈硬化性の病変が隠れている可能性があります。

どこかの血管に動脈硬化が進んでいて、血管の内側がとても狭くなっている状態である可能性があります。

血管が狭ばったり詰まっているなど問題があると、問題部分の手前の血管にかかる圧力は高くなり、問題部分の先の血管にかかる圧力は低くなります。

そのため、狭窄がある方の腕は血圧の測定値が低く測定されることもあり、極端に数値が違う場合は注意が必要です。

 血管の病気を見逃さないために

 血圧は心臓の収縮と拡張によって血液が送り出されるときにかかる圧力です。そのためできる限り心臓から近い場所で測定したほうがその数値が正確です。

 また、血圧を測定するときには、片腕だけでは重大な病変を見落としてしまう可能性があります。家庭で血圧測定する場合にも、両腕で測定してみましょう。

 医療機関では医師や看護師さんが測定してくれるので問題ありませんが、家庭で測定する場合は上腕部で測定できる血圧計を利用すると良いでしょう。

 まとめ

左右の腕で血圧の測定値の差が大きく15~20mmHg以上ある場合には、血管を狭くしたり詰まらせる病気が隠れている場合があります。

 早期発見のためにできるだけ左右両方の腕で測定するようにしましょう。また差があった場合は、医療機関で詳しい検査をしてもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*