家族の健康を考える情報を発信してまいります。

子育てに必要な費用!これくらいあったら安心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
⑰

子育て費用、一体子供一人当たりいくら位必要になってくるのでしょうか?多くの子育て世帯にとってとても興味深い話ですよね。なかなか人にも聞きにくいし、今自分が子供に用意している将来のお金は足りているのか、一体どれくらいあると安心なのかという事を少しお話します。

【幼稚園にかかる学費】

まず子供に一番初めにかかる教育費用は幼稚園費用が始まりでしょう。私立幼稚園の場合ですと、公立幼稚園の倍かかると言われていますので、お子さんの進路によって生涯かかる費用なども随分と変わってくることがわかります。

私立幼稚園の場合では、年間48万円、3年間ですと約146万円になります。

公立の場合は年間23万円、3年間で69万円位です。

【小学校にかかる学費】

小学校でかかる費用も私立は公立の約4~5倍となり差はさらに開きます。また通う年数も幼稚園よりも多い6年間になりますので、通う学校によって大きな差が出てくることがわかります。

公立小学校の場合年間約、30万円、6年間でおよそ180万円、私立の場合は年間約85万円、6年間で140万円と言われています。

加えて入学時には机や、ランドセル、入学準備品など出費があります。その時に慌てないように、入学時にかかるおよその金額をあらかじめ知っておき、準備しておくことが大切になってきます。

【中学校にかかる学費】

中学校でかかる学費は私立が公立の2倍から3倍です。公立では年間45万円、3年間で約135万円です。私立においては年間130万円、3年間で380万円と大きな差があります。

私立はその他の費用として校外学習費や施設費などがかかるため、支出はより大きくなることが言えます。

また余談ですが先生にも私立と公立では違いがあり、私立の先生はより高度な授業が要求されるため授業に対して自ら様々な研究をしたり、生徒の高校受験合格率というものが自分の実績になるところが大いにありますのでより一層授業や、補修に力を注ぐという傾向があります。

【高校にかかる学費】

高校でかかる学費は、私立は公立の約2.5倍くらいでしょう。ただし私立高校は入学初年度にかかる費用が大きく違います。さらに私立は施設費や寄付金などもありますので高額になるのでしょう。

修学旅行にも違いがあり、私立高校は海外が主ですので、そのあたりにも費用の差が出てくることになります。

具体的には、公立が年間38万円、3年間で115万円、私立は年間97万円、3年間でおよそ290万円になります。

私立を検討されている方は授業料だけで判断せずに授業料以外の出費も多くあることを頭に入れておきましょう。

【大学にかかる学費】

大学になると、大きく分けて国公立か、私立かで違ってきます。また進学する学部によってもそれぞれ違ってきます。

国公立では文系と理系ではあまりかわりませんが、文系の公立と私立では大きな差があり、金額にして170万円位にもなります。

更に大きな差があるのは私立の理系に進学した場合です。私立の文系に比べると、私立の理系に進学した場合は200万円位多く支払わなければなりません。

またこのほかにかかる費用としては、入学検定料や、受験料もあります。これも各大学によって違います。一般的には国公立よりも私立の方が高くなります。

その中でも特に高いのは医歯薬系、理系が高いようです。私立大学を受験する場合は受験料や、検定料の事も充分調べておく必要があります。

幼稚園から、大学まで全て公立の場合はおよそ1000万円、全て私立の場合は2500万円にもなり、その差は倍以上になる事がいえます。一番学費の多くかかる大学入学時に合わせて学資保険を受取れる様にすることや、お金が比較的貯まりやすいと言われている幼稚園、小学校までに積み立てをしておくことが大切になってきます。

もし、毎月の積み立てを計画的にできない人や、お子さんが小さくて学資保険にまだ入っていないという方は今から少しずつ決まった額を積み立てていく学資保険は着実に子供の費用を貯めることができるものですのでお勧めです。

学資保険ですが、今は子供が生まれる前から加入できるものもあり、加入年月が多い分、月々の金額は少なくて済み、家計への負担も少なくすみます。

逆に子供の年齢が10歳以上になると加入できるものも少なくなり、加入しようと思ってもできなくなります。

今から計画的に学費を貯めておくことは子供の将来への選択肢を広げる事にもなりますので是非考えてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*