家族の健康を考える情報を発信してまいります。

2016年子育て給付金廃止?今後はどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
⑭

消費税増税の時に国から1万円貰えていた子育て給付金ですが、2015年は減額されて今後2016年以降は廃止されるという方向で決まりました。まず子育て給付金とは何なのか、また廃止に伴い優遇されたものなど少し詳しくお話ししましょう。

 

【子育て給付金とは】

子育て給付金とは、正しくは子育て世帯臨時特例給付金といいます。これは消費税の増税に伴い子育て世帯の負担軽減を考えて、臨時特例的な給付措置として子育て世帯に給付されたものです。

支給の対象者は、所得が児童手当の所得制限限度額以上の人は受給できず、対象児童1人につき3千円が支給されます。具体的な年収は960万円以下の子育て世帯で、1年限りで支給されるものでした。子育て給付金が廃止された影に、新たに優遇されたものもありました。

それはある一定の高齢者に3万円が支給されることになるという驚くべきことでした。

【年金生活者等支援臨時福祉給付金】

子育て給付金の廃止の影で、一方では低所得の年金受給者1人に対して3万円が支給されるという事でした。金額にも大きな差があり本当に驚きました。子育て給付金が3千円に対して年金生活者等支援臨時給付金は3万円ですから、子育て世帯の人たちからはやはり批判が出るのは仕方ない事でしょう。

お年寄りも、小さな子供もどちらか一方だけが大事にされる社会では、成り立ちません。

お互いに共存して助け合って、いけるそんな社会にならなければいけないと思います。

【子育て給付金と、児童手当は違う】

子育て給付金が廃止になると聞いて、「児童手当がなくなるのは困る」と勘違いしている人は多いでしょう。この2つは何となく名前が似ていますが、全く違う物で児童手当は年に3回2月.6月.10月に4か月分まとめて支給されます。

これを学資保険や、子供の積み立てに充てている人も多いと思います。児童手当はそのまま支給されるので安心してください。

国の予算の中で優先順位をつけるのはとても難しい事だと思います。すべてを賄い、補てんすることは不可能でしょう。だからこそ、予算を決める際には慎重に本当に必要な人に支給されるものでないといけません。

【制度の目的は】

もともと単年度のみの増税に対する措置として行われたものでしたが、この子育て給付金の目的はもともと何だったのでしょうか?それは、小さい子供をもつ子育て世帯への生活の安定をはかる事、次世代の社会を担う児童の健やかな成長に資する事があげられます。

制度の目的はわかりましたが、これが単年度でまた3千円という低金額で本当にどうにかなるものなのでしょうか?疑問が残ります。

また廃止になった原因は財政難という事ですが、一方で低所得高齢者には子育て給付金の約10倍、3万円もの金額を支給するという判断をされています。

政府は子育て支援、出生率低下などを悲観して子供を産み育てやすい社会になどと言っていますが、このような社会でどれほどの人が安心して子供を産み、育てたいと考えるのでしょうか?

小さい子供を持つ子育て世帯にも優しく、また高齢になっても生きやすい、そんな社会になってくれることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*