家族の健康を考える情報を発信してまいります。

更年期の症状はいつから始まる?その主な症状と原因について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s (2)

更年期障害という言葉をよく聞きますが年齢的にはいつ頃からこのような症状が出るのでしょうか?主に女性に多く見られますがこれは女性だけに限ったことではありません。男女ともに更年期の症状が現れる年齢や、症状、原因について見てみましょう。

 

 

【更年期の年齢】

更年期の症状が現れるのは人それぞれですが、女性の場合は閉経後に現れる事が多いと言われています。日本人の平均閉経年齢は50歳ですが閉経の年齢は幅があり、早い人では45歳遅い人で55歳位と言われます。更年期は閉経の4~5年前から始まります。このような事を総合して考えると女性の場合は45歳~55歳前後にかけて更年期障害が起こると考えられます。男性で見てみると仕事が忙しくなりポジション的にも責任ある部署になる頃や、子供も独立して家庭内で孤独感が増す等のストレスを多く受ける年齢である40代~50代に起こると言われています。しかし、これは男女とも個人差がありますので早ければ30代で起こる人もいれば70歳で発症する人もいます。

【更年期の症状】

更年期に入ると下記のような症状が現れます。

(体の症状)

だるい、疲れやすい、のぼせ、多汗、手足の冷え、腰痛、肩こり、耳鳴り、動悸、頭痛、立ちくらみなどがあります。

(心の症状)

常に苛々する、不安感、緊張感、不眠、落ち込み、精神不安定、鬱に似た症状などがあります。

【更年期の原因】

更年期を発症する原因は女性の場合は女性ホルモンエストロゲンが閉経とともに急激に減少する事で起こります。男性は男性ホルモンテストステロンの減少に伴って起こると言われています。テストステロンは年齢とともに減少していきますが、過度なストレスによっても減少する速度が速くなりホルモンのバランスを崩し更年期障害を発症すると言われます。

【更年期の治療】

更年期をうまく乗り切るためにはストレスを感じたら早めに休息を取る事や、趣味やスポーツに汗を流す事、また周りの家族や友人に悩みを話す事で心が落ち着きイライラや不安も少なくなります。あまりにも辛い時には専門医に相談し適切な治療を受ける事も一つの方法です。治療を受けるほどでもないという方は更年期障害のサプリメントも多く出回っていますのでこのような物を利用するのもよいでしょう。

【まとめ】

更年期は一度始まると自分でもどうにもならないほど辛くそのような時期が数年続く人も多いのです。そして周りの人には理解してもらえずに「たださぼっているだけ、怠け者だ」と思われる事も多いのです。もしも日常生活に支障が出るほどの辛い症状がある場合は一人で悩まず医療機関を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*