家族の健康を考える情報を発信してまいります。

子供にかかる教育費平均的に考えていたら後で大変な目に遭う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
bf1422d3280bc20c4ab36599f22f9820_s (1)

皆さんは生涯子供にかかる教育費をいくら位で考えていますか?学資保険や積み立て預金など各家庭によってその資金作りは様々です。しかし、教育費が思っていた以上に高くかかってしまい、学費を支払えなくなり最終的には大学を退学せざるを得ない家庭は多いのです。このような事態にならない為にも今からしっかり余裕ある資産作りをしておきましょう。

 

 
【小学、中学受験】

もしもお子さんを有名な私立小学校にいれたいと考えている人はネットやメデイアなどの平均額に惑わされないようにしましょう。私立小学校の場合年間の教育費はおよそ150万円、そのうち60万円が学校外活動です。これは塾や習い事にかかる費用を指しています。英語塾などではサマーデイキャンプなどを行い10~20万円の費用が掛かります。中学校受験になると4年生頃から大手の塾に通う子供が増えます。この場合の毎月の塾代や夏季、冬季などの特別講習費、テキスト代などを全て含めると年間270万円ほどかかると言われます。受験料もばかにならず、1校受けるのに3万円かかり滑り止めも含め平均して3~4校受ける子供が多いそうです。またもしも両方受かってすでに入学金や授業料などを払い込んでいた場合はこれらのお金は戻りません。更に受験する為の交通費も当然かかります。このように教育費には予想していなかったお金が多く存在するのです。私立高校の場合年間の学校外活動費は年間25万円、公立の場合17万円になっていますがこれらの金額には遠くの学校を受験する為の交通費などは含まれていません。

【高校、大学】

高校や大学に入学後も授業料や入学金以外のお金が必用になります。スポーツ強豪校の場合、県外の遠征や合宿等が頻繁に行われる為年間の費用は数十万円~百万円を超えるところもあります。大学の奨学金制度についても安易に借りてしまうと、子供が将来返済に追い込まれて結局苦しむことになります。

【まとめ】

このように実際に教育費がかかるようになった時に困らない為には早い段階から教育費を貯めておく必要があります。それは子供が生まれた時から始まっています。多くの人は日々の子育てや忙しさの中で、幼稚園や小学校ではそこまでの費用がかからないからまだ考えなくても大丈夫と思っています。しかし誕生した時、いや今は妊娠中でも学資保険に加入する事ができます。学資保険にしても定期積立にしても早ければ、早いほどいいのです。子供が生まれたら支出の少ない就学前までが貯め時だという事を頭にいれ、10歳になるまでに教育費を貯めるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*