家族の健康を考える情報を発信してまいります。

2020年日本の教育は大きく変わる!これからの教育問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
6a29fb9eff52e8d9951879f44b5d2f44_s

 

最近ネットや、新聞でよく聞く「教育改革」という言葉、この教育改革の中身を皆さんご存知でしょうか?少し難しく、まだあまり周知されていないように感じますが、今小学生、中学生、高校生の方には関係してくる大きな問題なのです。今後の入試方法や入試の内容など今から知っておくことは大変重要な事です。今日はこの教育改革について詳しく、わかりやすく説明しようと思います。

【いつから、どのように関係してくる】

この教育改革は2020年度の大学入試から改革されるという事ですので、現在中学1年生の方が大学入試を受けるときから適用される事になります。勿論これよりも下の学年の方にもこの方法が適用されるという事になります。

では実際に今の大学入試とどのような点が変わってくるのか、4つの点について詳しくお話ししましょう。

【1.センター試験】

1つ目は、センター試験が変わります。昔は「共通一次試験」という名前でしたが、以降「センター試験」に変わり、この「センター試験」は2020年1月実施を最後に廃止される予定です。2020年のセンター試験は浪人生の為に実施されますので、この年に受験する人から新テストでの受験という事になります。

このセンター試験の後継になるのが「大学入学希望者学力評価テスト」という物になります。内容はセンター試験と同じく、評価テストの結果と個別試験によって合否が決まるわけですが、試験日に大きな変更があります。今までのセンター試験は1月の第2土曜日と日曜日という日に決まられており、年に1回しか受ける事が出来ませんでしたが、今後は年に複数回実施され、受験者は受ける事が出来るようになるのです。

これによって、ずっと頑張ってきた人がインフルエンザで受験できなかった、雪で電車が止まり受験時間に間に合わなかったなどという自分ではどうしようもできない事態でも、再度受験することが可能になるのです。

【2.試験内容の変更】

次に試験内容が変わります。今までは各教科ごとに試験が行われていました。これは小学校から、中学、高校に進んでも変わりません。しかし、今後は合教科や、科目型と呼ばれる問題が出題されるようになります。これは、各教科の区別がなくなり、総合的な問題が出題されるという事です。例えば、理科の問題でも、英語力や、文章読解力が必要とされる問題が出たりするという事です。今後はある特定の分野にだけ、長けているというよりはあらゆる強化の総合的な知識が必要になってくるのです。

【3.試験の受験方法】

現在、筆記試験はマーク式のものですが、2020年度からは、CBT方式と呼ばれるものが導入されます。これはコンピューター端末を利用して受験する方法で、受験者はコンピューターで問題に解答します。

モニター上で問題を読み、画面の操作をして解答をしなくてはいけませんので、受験生はパソコン操作に慣れておくことが必然になってきます。

【4.各大学の個別試験】

各大学によって行われている個別試験も変わってきます。今までは教科別の知識を問う問題が多く、出題されてきましたが今後は小論文、面接、プレゼン、調査票、活動報告書、各種大会での実績、資格なども考慮するという方針が打ち出されています。

具体的な内容はまだはっきりと決まっていませんが、今までの学力だけのセンター試験よりも実際に社会に出て身に着けておくべき事や、知識なども考慮された試験になっていくのかもしれません。

また今後は大学入試でも幅広い知識を持ったグローバルな人材であったり、人とは違う個性のある人材が求められていくのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*