家族の健康を考える情報を発信してまいります。

教育行政とは?またそこにある課題を見つけ改善策を探ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
⑰

教育行政とは国または地方公共団体が立法機関によって成文化された教育政策、教育に関する法令を実現化する作用や行為の事を言います。国家の体制や教育への関与の方法によって異なります。日本における教育行政やそこにある課題や改善策についてみてみましょう。

 

 

【日本の教育行政】

旧教育基本法では教育行政について「教育は不当な支配に服することなく国民全体に直接に責任を負って行われるべきものである。教育行政はこれをもとに教育を遂行するのに必要な諸条件の整備確率を目標として行わなければならない」と記されています。第二次世界大戦後の教育行政は教育行政の民主化、地方分権化、一般行政との機能分離などを目指し組織され運営してきました。教育行政機関はその政策を実現する為に基準の設定、教育施設の設置、維持や管理、教育、学術、文化活動などの機能を果たす事により教育に関する整備を行う事とされています。

【教育行政の課題】

教育行政の課題はいくつかあります。まず一つ目は教育行政の権限と責任がだれにあるのか不明確な点でしょう。教育委員は首長の推薦を受けて議会が承認しますが政治的中立性という立場の下、首長や議長との関係も不透明です。次に、児童や保護者、地域住民、学校関係者等の意向や希望悩みなどを把握し迅速に対応できていない点です。これは各機関との連携が十分ではないことから起こっているのでしょう。またこれは危機管理能力にも問題があります。このように多くの人や機関では自分たちの役割と責任などが明確にされておらず、自分がやらなくても誰かがやってくれるだろうという思いがどこかにある事がこのような事態を引き起こす原因になっています。

【改善策】

これらの問題を改善するには開かれた学校作りを推進し、保護者や地域住民の支援を受けると同時に行政機関とも協力しともに改革を行う事が大切になってきます。教育行政の場では柔軟性を持って創意工夫を凝らした活動を行い地方や学校の特色を生かした教育行政が行われるべきでしょう。また学校の評価や学校監査などの方法も今後改善していく必要があります。

【まとめ】

これからは新しい時代にふさわしい教育行政の在り方をみんなで考えていく必要があります。まず大きな理念として個性重視、国際化、情報化への対応、生涯学習体系への移行が挙げられます。今後の日本をどのようにしたいか、またどのような子供達を育てていきたいかという視点に立って私たちはよりよい日本の未来の為にじっくりと考えなくてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*