家族の健康を考える情報を発信してまいります。

長引く夏風邪の咳が止まらない!そんな時の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
a2c36d9173e5efb72350ba0def9f99ae_s

夏風邪は一度引くとなかなか治らない、症状がいつまでも長引くと言われています。その症状の一つに咳があります。咳の原因や対処法についてみてみましょう。

 

 

【夏風邪に有効な対策】

手洗いやうがい以外にも夏風邪の対策はあります。ウイルスは目からも侵入するので目の表面を綺麗に洗い流す事を目的に目薬を差すのも有効でしょう。それから寝室に加湿器を置いたり湿気対策をする事や、部屋を綺麗にしたり布団クリーナーを使いダニを除去するのもよいそうです。シーツやベッドカバーを定期的に洗濯したり、寝室を綺麗に保つために掃除機をこまめにかけたりするとよいでしょう。夏風邪によって喉の痛みが続く場合は、はちみつが効果的です。はちみつには殺菌作用がある為のどの痛みを軽減してくれる効果があります。この時にしょうがを加えるとより効果的です。しょうがは体を温め、全身の免疫力をあげてくれます。

【夏風邪で咳が続く時に考えられる病気は】

夏風邪で咳が続く時に考えられる病気で一般的なものが2つあります。

(咳喘息)

一つ目に挙げられるのが咳喘息で空咳が続き喘息のようなヒューヒュー、ゼーゼーという息苦しさはありませんが空気の温度差によって咳が出る為、明け方に咳が続く事が多いようです。

(夏型過敏性肺炎)

夏場湿度が高く日当たりの悪い場所にカビが発生する事で発病します。症状は発熱と咳がでるので夏風邪と間違いやすいのですが夏になると熱が出て咳が止まらないという人はこの夏型過敏性肺炎を疑い一度呼吸器科を受診するようにしましょう。

【環境を整える】

夏風邪のウイルスは高温多湿を好みます。部屋の温度は28度、湿度は40~60%を保つようにするとウイルスの繁殖を防ぐ為にもよいでしょう。夏場は冷房の効いた部屋で過ごす事が多くなりますがあまりに体を冷やしすぎるのは免疫力の低下や咳を誘発する事に繋がりますので気を付けましょう。夏風邪に薬はありませんので、感染しないように予防する事や感染しても早く治るように体力の回復や水分補給をして免疫力を上げる事に努めましょう。

【まとめ】

夏風邪を長引かせない為には体力と免疫力を回復させることが大事です。規則正しい生活を心がけ栄養バランスの摂れた食事と休息をしっかりと取る事が夏風邪にならない為には大切です。また喉の痛みがひどく食欲がない場合は冷たく冷やしたヨーグルトやアイスなどは喉の痛みを緩和してくれるのでお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*