家族の健康を考える情報を発信してまいります。

身近な人が突然入院!その時に慌てないために準備する物は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
fc0a4c93b02afb9db2d990ef788e9aa0_s

突然に入院することになってしまったら、誰もが病気や、手術に対して慌てふためき、入院に必用なものを知らないと、急いで準備しなくてはいけなくなります。知らない間に病気が進行していて、病院に行ったときにはすぐに手術が必要になる事はいつ、どこで、誰にでも起こりうることですから余計に知っておく必要があります。

【衣類、身の回りの物】

衣類や、身の回りの必需品は必ず必要になります。具体的には、寝間着や、部屋着、といたものですが、手術内容によっては前開きのもの、上下の分かれていないもの、ネグリジェなどを1着持って行っておくといいでしょう。これは胸や、腹などの手術をする時には術後は腕を上にあげることができないため、かぶるタイプのものではなく、前開きの物が重宝されるからです。

下着類も必需品です。毎日着替えるので数枚あるといいでしょう。病院に洗濯機も乾燥機もありますが、毎日するのは大変ですので、あれば予備を数枚持っていくといいでしょう。女性は胸の診察の時に、前開きタイプのブラジャーがあるといいですね。

【羽織もの、ソックス】

秋、冬の手術でしたら病院内も少し肌寒くなります。院内は冷暖房完備でしょうが部屋着だけではトイレに行くとき、リハビリをするときなど少し寒く感じるので、体温調節をするためにも1~2枚持っていきましょう。カーディガンや、大判のブランケットなどは色々と使えるので便利です。

また冷え性の人には足物が温められるソックスなどがあるといいでしょう。

【帽子、バンダナ、スリッパ】

手術によっては、髪の毛が全てなくなるという場合もあります。そういう場合は帽子やバンダナがあるといいと思います。女性は特に髪の毛がなくなる事には大変ショックを受けます。全て髪の毛が抜け落ちて、外に用事があっても出歩けないなどという場合は、ウイッグなどを事前に用意してあげると大変心強いと思います。

また案外忘れがちなのがスリッパです。病院内を歩いたりするときには必要ですので準備しておきましょう。携帯用などは小さくてかさばらずに済み、荷物にならないのでいいですね。

【時計、コップ、携帯】

これらも忘れがちですが、ないと困るものです。特に携帯は仕事をしている人などは必需品でしょう。しかし、ペースメーカーなどを付けている方が室内にいる場合は携帯は使えませんので使える場所か確認する必要があり、周りへの注意が必要です。

時計は病院にいる間は必要ないような気もしますが、何時に検診にくる、何時に食事、何時に点滴、など病院ではこと細かくスケジュールが決められていますので時計がないと時間が分からずに困るのです。

【保険金の請求も忘れずに】

最後に入院、手術をした場合の保険金の請求も忘れずに行いましょう。せっかく医療保険に加入していても案外請求の仕方が分からないという人は多いのです。まずは、保険会社に連絡をして請求の紙を送付してもらいましょう。それを病院の医師に持っていき、診断書を書いてもらいます。費用が4~5千円かかりますが、保険金請求に必要な書類ですので必ず貰ってください。必要書類を揃えて後は保険会社に送付するだけです。保険会社が審査をして1週間程度で給付金が支払われます。

ここで注意点ですが、保険金の請求は退院後しかできないと思っている方が多いですが、入院中でも給付金の請求はできるのです。

そして、給付金の請求期限は3年以内となっています。これも案外知られていません。

あとは、指定代理人請求政府度というものがあり、事前に請求の代理人の手続きをしておくと、その人が請求者に変わって、請求ができるのです。

入院、手術では多額のお金が必要になってきます。このような事は、予測がつかずいつどこで起こるかわからないために、それに備えた貯蓄もそれなりに必要になってくるでしょう。がん家系の人にはがんになるリスクは高いかもしれませんし、肥満家系にはそういった病気のリスクがあります。自分の病気や、体の事を考えて色々な備えをしておく事は身近な人に迷惑をかけないためにも必要な事でしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*