家族の健康を考える情報を発信してまいります。

初めての出産でも安心入院準備リスト!これさえあればOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

初めての出産、入院準備に追われているプレママたちへ、この記事が少しでもお役に立てばと思います。また、この記事を読んで、不安な気持ちや心配事が少しでも少なくなれば幸いです。だれでも初めての事は緊張し、不安も一杯でしょう。いつ来るかわからない陣痛に備えて、入院準備は万全にしておきたいものです。そこで入院準備のリストを分かりやすく説明しながらお伝えしますので、参考にしてください。

 

【入院手続きの際に】

妊娠後期に入ると、いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくありません。急な破水や陣痛が来て緊急入院手術となる事もまれではありません。そのようなときに必要なものが、母子健康保険証、健康保険証、診察券、印鑑です。これは中身が見える(たとえ、自分が持っていなくても御主人や、身近な人がみてすぐにわかるように)透明な袋などにひとまとめにしておくと分かりやすくていいでしょう。

【お産セット】

これは、お産後に必要になる夜用ナプキンや、母乳パッド、洗浄面などです。思っていたよりも多く使う場合がありますので、多めに用意しましょう。自宅に帰ってからも使えるものですし、毎日数十枚使う事になりますので、いくらあっても困る事はありません。

逆に足りない場合は、御主人や、姑さんに買ってきてもらうという事になり、買う方も何がいいのか分からずに困る事でしょう。

【パジャマ、産後ショーツ、授乳用ブラジャー、小物など】

パジャマは必ず前開きの物を用意しましょう。術後の診察や、授乳など前開きが重宝するからです。産後ショーツや、授乳用のブラジャーも必需品です。

これ以外にも、腹帯や、タオル、ガウン、お風呂セット、洗面、時計、スリッパ、化粧品(退院時には化粧をして退院しましょう)などが必要です。

以外に忘れがちなものは退院するときの服です。脱ぎ着が楽で、柔らかい素材の物がいいでしょう。

あとは小銭があると、自販機などでも飲み物が買えたりしますので便利です。

ペットボトルのキャップストローも陣痛時や、術後に寝たままでも水分補給ができるのであるといい便利グッズと言えるでしょう。陣痛時は意外と体力を使い汗もかきます。また人によっては陣痛が長時間にわたる人もいます、このような時にはこれがあると起き上がらずに簡単に水分補給ができるのでお勧めです。

いかがですか、プレママの皆さん、入院の準備は整いましたでしょうか?

ママも、パパも早く可愛い赤ちゃんに会いたくて、待ち遠しい気持ちで一杯だと思います。

突然に陣痛が来ても慌てないためにも、入院の準備は遅くても36週くらいまでにはそろえておきましょう。また玄関などに置いておくと慌てずに、スムーズに行動できるのでいいでしょう。一度に用意しようとせずに、無理をせず体調の安定している時に少しずつ、用意しておくといいですよ。

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*