家族の健康を考える情報を発信してまいります。

生命保険、満期金は一時所得になる?その時にかかる税金は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s

生命保険は多くの人が、万一の時の為にかけている保険でしょう。しかし、満期保険金を受け取る時に税金がかかる事を知っている人は少ないのではないでしょうか?

実は、生命保険が満期を迎えて受け取る際に、税金がかかります。契約者、被保険者、受取人が誰かによって、また、その加入期間によっても、税金の種類は変わってきます。

ぜひ自分やご主人が加入している生命保険についてもう一度見ておく必要があります。

【契約者と受取人が同一人物で、加入期間が5年以上】

契約者と受取人が同じで、5年以上の加入期間があれば、満期を迎えた時には、一時所得になり、支払う税金は所得税になります。

しかしこの場合、満期保険金から支払った保険金額の差額が50万円以内ですと、非課税になります。支払った保険金額よりも50万円以上多く保険満期金を貰った場合は、課税対象になりますので、割のいい生命保険に加入している人は、注意しましょう。

この金額と、他の所得を合算してその年の所得税として計算をしますので、場合によっては、その年の配偶者特別控除が適用されなかったりする事もあります。

【契約者と受取人が同じで、加入期間が5年以内】

契約者と受取人が同じで、保険加入期間が5年以内の場合は金融類似商品に当たるため、満期時の受け取り金と、払い込み保険料の20%が源泉分離課税となります。主な保険は、一時払い養老保険などがあります。

【契約者と、受取人が違う場合】

これは、例えば、契約者がご主人で受取人を奥様にしている場合などが当たります。(奥様が契約、ご主人、子供が受取人なども該当)
これは、生前に自分の財産を無償で他人に与える事になり、贈与税に該当します。
このように、生命保険を契約する際には、契約者、被保険者、受取人をどのようにするかで、支払う税金の額などが変わってきます。
契約時には、将来の事も含めてきちんとした、知識を持って契約するようにしましょう。

【意外な落とし穴、学資保険】

学資保険は、生命保険ではないから関係ない、なんて思わないでください。学資保険も、満期時に貰う、満期保険金は一時的な所得と見なされます。

この場合も上記と同じように、50万円以上の差額があれば、課税対象になりますが、現在の返戻率では、ここまでの額になる事は少なく、税金がかかる事はまず、ないでしょう。

しかし、これは契約者が親で、受取人が同一人物の場合です。万が一受取人が子供になっていたら、保険金を支払うのが、親で子供が受け取る事になり贈与税がかかります。

所得税ですと、かからない税金が、受取人を子供の名前にした為に、贈与税になり、税金を取られたというケースも多いのです。学資保険は必ず、受取人は親自身にしましょう。

【まとめ】

保険の契約時には、誰が支払い、誰が受取人になるかで税金が大きく変わってきて、所得税よりも、贈与税の方が多く税金は取られます。

また、課税対象は年単位ですので、もし、金銭的に余裕がある人や、他に貯蓄があり補える人は、満期保険金の受け取る時期を変えるという方法もあります。
こうする事で、その年に受け取る満期保険金が少なくなり、税金面でも節税になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*