家族の健康を考える情報を発信してまいります。

糖尿病とインスリンの関係は?インスリンの役割を正しく知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
160130-3

私たちの体は食事によって得た糖分で血糖値が上がりインスリンを分泌します。血糖が全身に届くとインスリンの働きによって臓器は血糖を取り込みエネルギーとして利用したり蓄えたりたんぱく質の合成に使われたりします。こうして食後に上昇した血糖値はインスリンによって一定量に保たれるのです。それではインスリンと糖尿病について詳しくみていきましょう。

 

 

【インスリンの働き】

インスリンには以下のような働きがあります。

・全身のすべての臓器細胞にブドウ糖を取り込ませる

・肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵糖)が合成されるのを促進する

・貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制する

・脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり脂肪の分解を抑制する

【インスリンと糖尿病】

健康な人はこのようにインスリンによって血糖値が正常に保たれるのですが、糖尿病の人はインスリンの量が必要量分泌されなかったり、分泌の速度が遅く時間がかかる為血糖値が上昇するのです。この場合、インスリンを分泌するように膵臓に働きかける薬やインスリン注射を打つ事で外からインスリンを取り入れる事になります。上記からも分かるように糖尿病とインスリンは密接な繋がりがあるのです。

【インスリン治療を早期に始めるメリット】

インスリンの治療は早期に始めた方がよいと言われています。これはインスリンが膵臓で作られていて血糖値が高い状態が長く続くと膵臓では常にインスリンを作り続けその結果インスリンの分泌量が少なくなりやがてはなくなってしまう危険性があるからです。もし糖尿病と診断されたらなるべく早い段階でインスリン治療を行う事がベストです。これは、ある調査結果で糖尿病と診断された時点でインスリンの量は健康な人の約半分以下になっているという報告がされていることからも実証されているのです。このように早く始める事で膵臓の機能が回復しやすくなり網膜症や腎症、心筋梗塞などの発症率や死亡率も低い事がわかっています。ですから早い段階でインスリン治療を行い血糖値のコントロールを行う事で怖い合併症を併発するリスクが下がるのです。インスリン治療は膵臓の働きを回復させる事が目的ですので早く治療を開始し血糖のコントロールが出来る事が十分確認されたらインスリン注射の量を減らしたり、飲み薬だけに変更する事も可能です。インスリン注射は一生行わなければいけなないと誤解している人も多いのですがインスリン治療は状態によっては途中で中止する事もできる治療なのです。

【まとめ】

インスリン治療は早期からの導入が推奨されている世界でもポピュラーな治療法で日本においても最近では臨床現場で同様にインスリンの外来での投与を早めに開始するケースが増えてきています。また多くの人が不安に感じている事で生活スタイルの変化がありますが、インスリン治療を行っても普段の生活が続けられるように主治医と相談をしながら無理なく行う事が大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*